08 3月

断捨離が進まない


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。
昨年秋ごろ、こちらの本のおかげで断捨離に目覚めました。

言わずと知れた、こんまりさんの断捨離本です。もともと私はもったいない精神の塊のような性格なので、捨てるという行為が苦手なんですよね。でも本を読み進めるうちと「わかる、わかる!」ということばかり。読み終わってすぐに、服などの荷物を床に並べてみました。しかしこんな状態に。。。

20151002だんしゃりjpg

ものが多すぎて、途方にくれてる図。

「未来に対する不安」
「過去に対する執着」

断捨離、深いです・・・。

それでもなんとか、45リットルのごみ袋2つ分を捨てました。袋2つでも、かなり余裕がでるもんですね。快適になりました(このときは)

そして夫も影響され、始めたのですが、、、

20151004だんしゃり禁じ手

本の中では「家族に見せると、捨てるなと言われちゃうので、見せないで捨てましょう」というようなことが書いてあります。しかしこの禁じ手を、わたしがやってしまいました・・。これは、よくありません!家族が捨てているごみの中身は見ないこと。これ、本当大事。みなさん、気をつけて!

そして再び、断捨離を開始。

20151013だんしゃり本

本の断捨離は、かなり大変なことがわかりました。ときめく本は持っていてもいいとのことですが、なんせそれが多すぎる! イラスト&画集はすぐに見たいので捨てられないですし、気に入った本は、きっといつか読み返すだろうと思ってやっぱりなかなか捨てられない。こどもたちの絵本なんて、増える一方ですし。

そうこういっている間に、仕事が忙しくなったりして断捨離から遠のいている現在です。あぁ全然片付いてない・・・。こんまりさん曰く「一気にやらないと」ということなので、どうも少しずつやったのが敗因のようですね。もうちょっと片づけないと、生活するスペースが狭くなる一方です。頑張ります。

こんな日めくりカレンダーも出ているみたいなので、これを毎日見て「断捨離」を意識した生活をしようかなと思っています。

そして、本が捨てられないと分かったので、今後買う本はデジタルブックにしました。「デジタルブックってどうなの?」と、ちょっと懐疑的だったのですが、実際使ってみるとすごくいい。目も疲れません。参考までに私が使っているのは、kindleです。

これ、すごくいいですよー。何冊買っても場所をとらない。新刊本でもセールがありますし。例えばこの記事の最初に紹介した近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法」紙の本だと1,512円ですが、kindle版だと549円!約1/3の価格です。これ大きいですよね。(2016年3月8日現在)

同じようにお悩みの方にはぜひオススメしたいです。

おしまい

29 2月

世界一周 ときめきの旅


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

今日は知人の新刊本のおしらせです!
今、東京のアトリエをシェアしている柳川風乃さん。もともと似顔絵つながりで10年以上前に知り合った、すてきなアーティストさんです。いつも私の堅い頭をふわふわ溶かしてくれる貴重な先輩♪ その柳川さんの新刊本「世界一周 ときめきの旅」という大人のぬりえブック第2弾が発売されました!

以下Amazonより引用

日本人作家らしさを散りばめて、母国へのリスペクトを込め、どんなルートでも「日本・JAPAN」を必ずトランジットします。

今度の『世界一周』では、少し大人になった黒猫ちゃんが、旅をしながら、世界のさまざまな街でさまざまな出会いをします。
各国をイメージするかわいいモチーフがたくさん登場! お国柄イラスト、ブラックベースなど、柳川オリジナリティもますます光ります。

 

そうそう、これ見ているだけで旅している気分になるんです~! 塗り始めたらワープスリップして、本当にいろんな国に行けちゃいそう♪ しかも、しかけもたくさん。塗ったら切り抜いて、ポストカードとしても送れちゃう。楽しさがグレードアップしてるではないですか。

ちなみに第1弾は、昨年9月に発売されたこちら。

これは、揃えてもちたいですね。個人的には塗るのがもったいないのですが、塗らないほうがもったいない!と夫から指摘されました。たしかに。今度むすめと塗ります☆

さらに柳川さんは、こちらの本も出しています。

 

筆ペンでかわいいイラスト描きたいかた、ご参考にぜひどうぞ~。

おしまい

28 1月

PABLO LOBATO ILLUSTRATION


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

昨年12月に注文した画集がようやく届きました!

■PABLO LOBATO ILLUSTRATION

IMG_9458

Facebookで絵を見て以来、大ファンになったPABLOさんの絵。説明するのもアレですが、完璧な似度と、独自のカラーセンス、そして唯一無二のオリジナリティを持っている、素晴らしいアーティストです。
画面上で見ているだけでしたが、ようやく本という形になったのを知り即買いしたのでした!

届いたら、157ページ総フルカラーでびっくり。中身を少々ご紹介します。

IMG_9459

IMG_9460

 

ネット上にたくさん作品の画像があるので、[pablo lobato illustration]で、ぜひググってみてくださいね。

もしこの本を購入したい方はこちらから。
ILLUSTRI SHOP

※日本から注文する場合は、配送先は(other)で、価格は€36.00。

ぜひ多くの人に見てもらいたい1冊です。

 

おしまい

08 1月

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」


漫画家・宮川サトシさんの
「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」
WEB上で少し見れます。

あぁぁぁ、無料公開は昨日までだったみたい・・!

私も昨年8月に実母を亡くし、
しかも同じくガンだったので
共通点ありありで、読んでて涙でた。。。

私の好きな漫画家・田房エイコさんと、
同じ空気を感じます。
自分の心の動きを
淡々とシンプルなタッチで描いていて、
結構心にズシンときますね。

ぜひご覧ください。

コミックも販売されています。

ちなみに、宮川さんを知ったのは、
こちらの漫画です。

こちらは「母を亡くした時~」と
うって変わり、笑います!

 

おしまい

07 1月

ミロスラフ・サセック


ミロスラフ・サセックという絵本作家
ご存知ですか?

恥ずかしながら私は知らなかったんですけど、、
年末の本屋で絵本をさがしてぶらぶらしていたとき
ふと目に入ったのが彼の絵本でした。

以下Amazonより引用:

著者プロフィール:
ミロスラフ・サセック
1916年11月18日、チェコスロヴァキア、プラハ生まれ。絵本作家、イラストレーター。遊び心あふれる視点で世界 の都市を描いた絵本「ジス・イズ」シリーズで有名。
『ジス・イズ・ニューヨーク』(初版1960年刊)は、ニューヨー クタイムズ最優秀絵本大賞と、アメリカ青少年クラブ児童文学最優秀賞を受賞。1980年5月逝去、享年63歳。

どうも2016年に生誕100年を迎えるらしく、
名作絵本『ジス・イズ』の復刻版シリーズ
発売されているようです。

その絵本がこちら↓


ジス・イズ・ニューヨーク復刻版 (SPACE SHOWER BOOKS)

かわいすぎる~。
もうジャケ買いですよ。

IMG_9308

これは、こどもと一緒に読みたい一冊!

ちゃんとガイドブックにもなっていて
読んでいるうちに引き込まれて
この町に行きたくなってしまいます。

昨年復刻されたのはこれ!
シリーズで揃えたくなる絵本です。


ジス・イズ・ロンドン 復刻版 (SPACE SHOWER BOOKs)


ジス・イズ・パリ復刻版 (SPACE SHOWER BOOKS)


ジス・イズ・ヴェニス復刻版 (SPACE SHOWER BOOKs)

シリーズが全18作あるので、
これからも復刻シリーズとして、
またどんどん発売されるようです!

楽しみです~!