18 3月

「おまかせ」にご注意!


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

イラストやデザインをお仕事にされているかたにはあるあるネタだと思いますが、よくクライアントがいわれることば「おまかせします!」。このことばほど、怖いものはないなと日々思っています。

Print

さて、なにが怖いのでしょうか?

「おまかせ」には2種類ある

A(左)→あなたのセンスに「おまかせ」します!

これは何度かお仕事をさせていただいたり、こちらのセンスを十分理解されているクライアントだと、成り立つ図式ですね。多少手直しはあっても、「あなたのセンスが好きなので、好きにやっちゃってください!」って感じ。なにができあがってくるのか、非常に楽しみにしてくれている。この場合は、クライアントの期待以上のものをつくろう!と奮起します。

一方、

B(右)→とりあえず「おまかせ」しますんで・・・

これが怖いんです~! 初めて取引させてもらうクライアントだと特に。
「よくわからないけど、とりあえず仕上げてみて。できたの見て方向性決めるから」というオーラが思いっきり出てる。こういうときは一発OKもらうのは、かなり至難の業ですね。というか、最初に提出したものがたたき台にもなっていない、跡形なし、ひどいときは「別の方に頼みます」とフェイドアウトされる場合も。。。

どちらの「おまかせ」か、長年やっているとわかるようにはなってきます。が、つい自分のやりたい仕事だと、忘れちゃうんです。反省。

「おまかせで。」といわれたら

一番大切なことは、相手からのヒヤリング

クライアントがどういうテイストのものを望んでいるのか、詳細にヒアリングしてイメージを共有する。「イメージはない」といっても、話しているうちに出てくるかもしれません。そして、そのイメージ通り仕上げることが自分には難しい場合、この時点でお断りします。描いてから「なんか違うんだよな~」とかいわれなくてすみます(笑)
(例えば、私に写実的な似顔絵を求めているとわかったら、即刻お断りして、上手な写実似顔絵を描ける方を紹介する、みたいな感じですね~。三方よし!)

断るのも、お仕事のひとつです。
こちらの本、すごく参考になるのでどうぞ。
(いつか別記事で紹介しようと思ってます)

おしまい

08 3月

断捨離が進まない


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。
昨年秋ごろ、こちらの本のおかげで断捨離に目覚めました。

言わずと知れた、こんまりさんの断捨離本です。もともと私はもったいない精神の塊のような性格なので、捨てるという行為が苦手なんですよね。でも本を読み進めるうちと「わかる、わかる!」ということばかり。読み終わってすぐに、服などの荷物を床に並べてみました。しかしこんな状態に。。。

20151002だんしゃりjpg

ものが多すぎて、途方にくれてる図。

「未来に対する不安」
「過去に対する執着」

断捨離、深いです・・・。

それでもなんとか、45リットルのごみ袋2つ分を捨てました。袋2つでも、かなり余裕がでるもんですね。快適になりました(このときは)

そして夫も影響され、始めたのですが、、、

20151004だんしゃり禁じ手

本の中では「家族に見せると、捨てるなと言われちゃうので、見せないで捨てましょう」というようなことが書いてあります。しかしこの禁じ手を、わたしがやってしまいました・・。これは、よくありません!家族が捨てているごみの中身は見ないこと。これ、本当大事。みなさん、気をつけて!

そして再び、断捨離を開始。

20151013だんしゃり本

本の断捨離は、かなり大変なことがわかりました。ときめく本は持っていてもいいとのことですが、なんせそれが多すぎる! イラスト&画集はすぐに見たいので捨てられないですし、気に入った本は、きっといつか読み返すだろうと思ってやっぱりなかなか捨てられない。こどもたちの絵本なんて、増える一方ですし。

そうこういっている間に、仕事が忙しくなったりして断捨離から遠のいている現在です。あぁ全然片付いてない・・・。こんまりさん曰く「一気にやらないと」ということなので、どうも少しずつやったのが敗因のようですね。もうちょっと片づけないと、生活するスペースが狭くなる一方です。頑張ります。

こんな日めくりカレンダーも出ているみたいなので、これを毎日見て「断捨離」を意識した生活をしようかなと思っています。

そして、本が捨てられないと分かったので、今後買う本はデジタルブックにしました。「デジタルブックってどうなの?」と、ちょっと懐疑的だったのですが、実際使ってみるとすごくいい。目も疲れません。参考までに私が使っているのは、kindleです。

これ、すごくいいですよー。何冊買っても場所をとらない。新刊本でもセールがありますし。例えばこの記事の最初に紹介した近藤麻理恵さんの人生がときめく片づけの魔法」紙の本だと1,512円ですが、kindle版だと549円!約1/3の価格です。これ大きいですよね。(2016年3月8日現在)

同じようにお悩みの方にはぜひオススメしたいです。

おしまい

29 2月

世界一周 ときめきの旅


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

今日は知人の新刊本のおしらせです!
今、東京のアトリエをシェアしている柳川風乃さん。もともと似顔絵つながりで10年以上前に知り合った、すてきなアーティストさんです。いつも私の堅い頭をふわふわ溶かしてくれる貴重な先輩♪ その柳川さんの新刊本「世界一周 ときめきの旅」という大人のぬりえブック第2弾が発売されました!

以下Amazonより引用

日本人作家らしさを散りばめて、母国へのリスペクトを込め、どんなルートでも「日本・JAPAN」を必ずトランジットします。

今度の『世界一周』では、少し大人になった黒猫ちゃんが、旅をしながら、世界のさまざまな街でさまざまな出会いをします。
各国をイメージするかわいいモチーフがたくさん登場! お国柄イラスト、ブラックベースなど、柳川オリジナリティもますます光ります。

 

そうそう、これ見ているだけで旅している気分になるんです~! 塗り始めたらワープスリップして、本当にいろんな国に行けちゃいそう♪ しかも、しかけもたくさん。塗ったら切り抜いて、ポストカードとしても送れちゃう。楽しさがグレードアップしてるではないですか。

ちなみに第1弾は、昨年9月に発売されたこちら。

これは、揃えてもちたいですね。個人的には塗るのがもったいないのですが、塗らないほうがもったいない!と夫から指摘されました。たしかに。今度むすめと塗ります☆

さらに柳川さんは、こちらの本も出しています。

 

筆ペンでかわいいイラスト描きたいかた、ご参考にぜひどうぞ~。

おしまい

28 1月

PABLO LOBATO ILLUSTRATION


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

昨年12月に注文した画集がようやく届きました!

■PABLO LOBATO ILLUSTRATION

IMG_9458

Facebookで絵を見て以来、大ファンになったPABLOさんの絵。説明するのもアレですが、完璧な似度と、独自のカラーセンス、そして唯一無二のオリジナリティを持っている、素晴らしいアーティストです。
画面上で見ているだけでしたが、ようやく本という形になったのを知り即買いしたのでした!

届いたら、157ページ総フルカラーでびっくり。中身を少々ご紹介します。

IMG_9459

IMG_9460

 

ネット上にたくさん作品の画像があるので、[pablo lobato illustration]で、ぜひググってみてくださいね。

もしこの本を購入したい方はこちらから。
ILLUSTRI SHOP

※日本から注文する場合は、配送先は(other)で、価格は€36.00。

ぜひ多くの人に見てもらいたい1冊です。

 

おしまい