08 2月

ギフトショー始まりました!


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

今日は東京ビッグサイトで開催される、ギフトショー初日でした!
初めての出展なので、ドキドキ。
といいながら、遅刻しましたが。。。

これ、ビッグサイトへ向かう道のり。
神々しすぎる。

「いよいよ、来たぞー!」って感じですね^^

前日に搬入だったので、朝の準備は小物系を並べるだけでした。
小物は先日ご紹介したバッジ以外に、新しく作った商品サンプルのマグカップ、タンブラーなどを並べます。

そして、田畑が作ったキャラクターの人形が初お目見え!
このコたちは通りがかりの人に評判よかったです。

以前作ったきのこの家と、前回の京都大会で生まれた「白いなにか」(人形制作:上羽京さん)も、一緒に連れていきました。全然違和感なく溶け込んでた(笑)

今日はいろんな方に興味を持ってもらい、嬉しかったです☆これが、お仕事につながっていったらいいなぁ~。そして明日もいろんなご縁があることを期待しています!…しかし、1日立っていたので、足が棒に…。あと2日もつかな~と少々心配ですが(笑)、元気ドリンクのんで、乗り切ろうと思います!

おしまい

07 2月

ギフトショーへ出展します★


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごゆうこです。

先日ギフトショーへ出展すると書いたのですが、「そもそもギフトショーって何なの?」と思われている方も多いかと思います。

ギフトショーというのは、40年に渡り開催されているパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市で、東京ビッグサイト全館を使用し、出展社数2,400社、来場者数20万人の規模で開催される、日本最大規模のトレードショー(商談見本市)です。毎年9月と2月に開催されています。商談の場なので、ここで直接商品の販売とかはしません^^

その中で「ARTIST VISION」というブースがあります。「ARTIST VISION」では、イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家、キャラクター・デザインなど出展アーティストが、来場 者・出展社と商品開発やライセンスビジネスなどの商談を行うためのブースです。今回、そこに出展することにしました。

個人でも法人でもグループでも可能なので、夫婦ユニット『タバタ画房』で出展!

しかし、どんなイラストをメインに展示するか、悩みますね。
ギフトショーに行ったことのある人はわかると思いますが、出展企業が多すぎて、あまりテーマがごちゃごちゃしていると、何を展示しているのかわからくて、来場者の足が止まらないんです。なので否が応でも、『自分たちはこういう絵を描いてます!こういう展開でビジネスしたいんです!』というのをわかりやすく伝えるためにビジュアル化しなきゃいけないわけですね。

どの仕事も好きなので、これ1本でいこう!と選ぶのはすごく難しい~。
でも、普段絶対やらないことなので、すごくいい機会だとも思っています!

そして、今回私たちがメインで飾るのは、こちらのキャラクター。
『Party in the Forest』という、LINEスタンプから生まれたクマのキャラです^^

このコで、商品サンプルを作りました★

一言で、言うと・・・ 「萌えてます!」!

自分で使いたいものを作る、をテーマにしているので、自分で作りながら「えっ、すごいかわいくない!?」とか「かわいすぎる!」とか連発! もう親バカ状態です(笑) 誰かの目にとまって、商品化できたらいいなぁ~と期待しています。しかも(今さら?)デザインフェスタとかクリマとかに出店したくなってしまっています^^楽しそうですよね♡

いやぁ、しかし、いろいろなグッズサンプルや販促物を作るにあたり、新規の印刷会社やグッズ制作会社へお願いすることにしたのですが、入稿の時期を完全に把握していなかったため、急ぎですごく高い印刷代になったり、いまだに手元に届いてなかったり…トラブル続出です。。。無念!この反省は次回に生かすことにします…。

とにかく明日の搬入も含めて4日間、頑張ります~!
もしギフトショーにお越しになる方いましたら、ぜひお寄りくださいね。

おしまい

15 7月

クリエイターEXPOのお手伝い


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

先日ビッグサイトで開催された「クリエイターズEXPO 2016」に、夫でイラストレーターの田畑伴和が出展しました。出展は今年で3回目です。そのお手伝いに、3日間ビッグサイトへ通ってきました!

クリエイターズEXPOって何?

クリエイターEXPOは、文章、マンガ、イラスト、写真、映像、アニメ、ゲーム、音楽などを創作する個人が出展し、自分自身を売込むという世界的にもユニークな商談展です。 会場にはメディアや一般企業の宣伝・商品企画担当者などが来場、制作依頼や企画の相談などの商談が行われます。 実際に、出展した作品がゲームや絵本、商品パッケージ等に採用され、「ビッグチャンスをつかめる場」として注目を集めています。

公式HP(http://www.creator-expo.jp/ja/)より

ビッグサイトで開催される展示会って、ほとんと企業単位で出展するんですが、このクリエイターEXPOは、クリエイター個人が出展できるという点で大きな違いがあります。

またよくデザインフェスタなどと混同される方もいますが、基本的にここは商談の場となっていて、個人が商品をその場で販売するデザインフェスタとは大きく異なります。あと、平日の開催というのも、企業向けって感じですね。

ブースはこんな感じ

IMG_0810

最初の2回の出展は「似顔絵イラスト」をメインに営業しました。
そして今回!過去2回とは趣向を変えて「似顔絵イラスト」「キャラクターデザイン」の2本立てにしてみました。

先日紹介した、オリジナル絵本の「けなげくん」も、一押しで正面に大きく置きました。

ドーン!!

IMG_0811

けなげくんを気に入ってくれた方がいたので、もうそれだけで出展した価値がありました!

 

 

出展してみた感想

3回出展してみて思ったことがいくつかあります。
思いついたままに書いてみますね。

1.自分のやりたい分野の仕事を明確にしよう。

これは周りに、凄腕のクリエイターさんばかりが並ぶので、否応なくやらなければいけないことですね。「なんでも描けます!」というよりは「こういうのが得意です!」とか「こういう仕事をやっていきたいんです!」という姿勢がとても大事です。

商談に来られている方も時間のない中、ピンときたクリエイターに話をするので、パッと見でわかりやすく自分の強みを知らせることが、かなり重要です。

2.めっちゃ刺激になる。

駆け出しのイラストレーターが出展していると思いきや、ほとんどがすでに大きな仕事をされている方ばかり。リーフレットひとつとっても、すごく勉強になります。自分が出展したらどういう風にするかな?とか、いろいろ刺激になることばかりです。

3.求められている絵にはある程度傾向がある。

ガールズ系イラストやカワイイ動物系イラストなどを描かれているイラストレーターさんは、ひっきりなしに名刺交換していました。雑貨などに使いやすいのかも。(それを横目で見ている私。。。ウラヤマ。。。)

4.たくさんの人と名刺交換するのが目的ではない。

2とは相反するような気がしますが、たくさん名刺交換するのが目的ではないと思っています。私が考えるクリエイターEXPOの目的は「自分に合ったクライアントさんとの出会い」です。

イラストを持ち込みしても、なかなか自分のイラストを使いたいクライアントさんと出会える確率は少ないですよね。でもここでは、興味がある方が向こうから声をかけてくれます。何十社もイラスト持ち込みするよりも、断然効率いいなぁと毎回感じます。

5.リーフレットは興味ありそうな人だけに渡そう。

結局興味がない人に渡ったリーフレットは、処分されます。悲しい~。
それでもよければ、どんどん渡しましょう。
万が一があるかもしれませんしね。

 

まだまだありそうですが、ひとまずここまで。

さぁ、今年はどんなクライアントさんとつながっていくか、とても楽しみです!

 

おしまい