29 7月

ねりけし入れに最適!無印良品の小物ボックス


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

似顔絵出張イベントや店舗に画材を持っていくんですが、画材の中で居場所が定まらずいつも保管に悩んでいたのが、ねりけし。販売時のビニールにそのまま入れたりしてたのですが、時々はみ出て鉛筆がベタベタになったりして、ちょっと不便でした、。いい保管方法ないかなぁ~と悩んでいたところ、ついに見つけてしまいました!

コレ!

『無印良品 小物ボックス』60円(税込)

ねりけしが入っている状態がこちら。

使い倒しているので、もうすでに汚いですが、、ちょうどまるめたねりけしがぴったり収納できます!無駄のないサイズ感。しかも60円!w めちゃくちゃオススメです!

無印良品の文房具売場においてありま~す。
ぜひ試しに使ってみてくださいね^^

 

おしまい

15 6月

調子が悪くて似顔絵が似ないときの簡単リセット法


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

似顔絵を描いているとき、どうも調子が悪くて、いつものように似せられないというときはありませんか?

私は色紙にまず下書きをするのですが、似ないときは、消しては描いて消しては描いてを繰り返してしまい、色紙がどんどん薄汚れていきます。そういうときは、しかたなく新しい色紙に替えるのですが、先日それについて面白い話になりました。

というのも、似顔絵の下書きが似ないときの簡単なリセット法として

似ないときは、
色紙(紙)を新しいのに替える

というのが、とっても有効だという話。

Print

そそっ、そうなの!

Print

「残留思念」!w

なんか似せられない妖怪が憑いてる感じ?
チャンピオン2名が言うんだから、まちがいない!

薄汚れたからしかたなく色紙を替えていたと思っていたのが、実は自分の中で一度リセットするためだったんだ~と気づいて、なんだか腑に落ちた感じがしました。

ちなみに調子のいいときは、さらっと描いた下書きが一発で似たりするので、下書きは自分のその日の調子を図るバロメーターになっています。

調子が悪くて似ないなぁ~と思ったときは、ぜひ試してみてくださいね!

 

おしまい

30 4月

「買う理由」を考える


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

みなさん、自己投資って普段からしていますか? フリーランスでお仕事している方は、特に普段からのインプットが大事になってくると思うので、自己投資されているって方は多いかな?

例えば、本やPC、セミナーなどの勉強会、交流会。仕事をする上での環境などもそうですね。でもつい価格を考えて「高いから買うのやめておこうかな~」なんてあきらめることも多々あります。

まぁ、私がよくそう思うタイプなんですけどね・・・。本当に必要かどうか、いまいち線引きができないんです。「欲しいけど、高いし、でもあったらいいけど、本当に使うかな?」って悩んで、結局買わないなんてことは、ザラです。

しかし、その考え方を180度変えることばに出会いました!
これ!!

一瞬理解するのに時間がかかりました、私。
よくよく読むと、なにこのことば、すごすぎる!

 

「買う」という行為には、理由は2つあって、一つは「欲しいから」、二つ目は「安いから」。これを混同していたのですが、このことばが、すべてを明確にしてくれた感じがします。

Print

希少な資料を値段で迷って買わなかったら、もう二度と手に入らなくなったとか、セミナーが高くて行くのやめたら、もう二度とそのセミナーを聴けるチャンスがなかったとか…ということも考えられますよね。それって、むしろすごく損していると思うんです。

「これは本当に自分が必要としているものなのか?」

悩んだときに、ぜひこのフレーズを思い出してください。
一瞬で答えが導き出せますよ。

おしまい

27 4月

にがおえベクトル


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

昨日、久々に似顔絵の同業者と集まる機会がありました。昔はよく飲みにいったのですが、こどもが生まれてからは、ほぼそんな機会はなかったので、だいぶお久しぶり。話す内容は、もちろん似顔絵にまつわる話がほとんどですw おかげでとても楽しい時間を過ごしました!

その中で出てきた話が面白かったので、みんなと別れてからも自分の頭の中でずーっと考えていました。で、図にしてみました。

にがおえベクトル

似顔絵には、ベクトルが2つ。

1.似度
2.テクニック

【A】は、お客さまに渡す似顔絵(商業似顔絵)が目指すところですね。お客さまには、常に似ていて、仕上がりもステキな似顔絵を渡したいです。アート的な似顔絵作品もここに入ります。

【B】は、テクニックにたよらず、ユニークな手法で描かれた似顔絵。イメージ的には週刊朝日の似顔絵塾。ワクワクさせてくれる絵が多いです。

【C】は、テクニックは抜群だけど、似てない…。すごいなとは思うけど、正直心は動かないかな。。。

【D】は、初心者ですね。どこへでも行ける可能性があるし、突然化けることもありそう。応援したくなる似顔絵です。

 

これを書いて思ったのは、私がわくわくする似顔絵は【A】と【B】なんです。特に【B】は似顔絵の楽しさを思い出させてくれるくらいワクワクしますね! ということは自分としては「テクニック」よりも、「似度」のベクトルを上に伸ばすほうが、魅力的な似顔絵だと感じるんだな、と改めて再確認しました。

 

おしまい

03 4月

絵本をつくっています


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

こどもが生まれてから、絵本を読む機会が多くなりました。毎晩眠る前に必ず1冊は読むようにしています。本をたくさん読んだ子と、そうでない子だと国語の力に差が出ると、以前何かで読んだのでなるべく幼少期から本に親しんでもらいたいと思っています。

しかし最近、読んでいるだけでは物足りなくなってしまい・・・

絵本を作ることにしました!

絵本

こちらの男の子が活躍します☆

ストーリー&絵とも、夫と2人で制作。
イメージを形にするの、たのしいー♪

完成したら、いちばん最初の読者は、自分のこどもたちと決めています。
面白がってくれますように!

何かの形で発表できたら、またご報告しまーす!

おしまい