05 4月

似顔絵の名古屋定期勉強会へ


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

4月3日~4日に名古屋で開催された、NPO法人日本似顔絵アーティスト協会主催の名古屋定期勉強会へ参加してきました。初めての単身参加ということで、ちょっとドキドキしながら会場へ。

2日かけて
・セミナー2本
・ライブスケッチ2回
・自由作画
と盛りだくさんです!2月のJAPAN GRAND PRIXでは、運営側で一切描いていなかったので、今回はじっくり描こうと決めていきました。

はじめましての方もいましたが、なんともアットホームな雰囲気の勉強会でした。最終日に自由作画作品を飾るウォールも用意されるので、作品を仕上げないと!というプレッシャーももちろんアリ。ただあくまでも「勉強会」なので順位付けはなく、賞とは無縁の感じも私の好みでして。。。
ほどよいプレッシャー、アットホームな雰囲気、大好きなお仲間たちとたくさん描いてたくさん話して、、、楽し過ぎました!!(笑)

今回私が描いた作品はこちらです。

Read More

23 3月

JGP2017での気づき~その2~


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

『JGP2017での気づき~その1~』

に引き続き、その2です。
これは私がmikiさんのセミナーのお手伝いをして気づいたこと。

 

アウトプットの量、
ハンパない!

 

mikiさんのセミナーをやるにあたり、facebookなどで作品を改めて観ていたのですが、クオリティはもちろんですが、作品数が膨大じゃないですか!? 個展作品からスケッチまで含めて、作品数のすごいこと。(いや、私が全然描いてないというのもあるのですが(汗))

打ち合わせのときに、

「なんでみんな、描かないんだろう?もっと気楽に描けばいいのに。」

というmikiさんの言葉、ずしーんと重くのしかかってきました、。
そうですね、もっと描いたほうがいいですよね・・・。

 

例えば、mikiさんに憧れて、あんな風に描けたらいいなぁと思っている人(自分?)がいるとして。自分のクオリティが低いから、mikiさんのように描けたらなぁと思っているのに、そのmikiさんより絵を描くのが少ないって、どう考えてもmikiさんに追いつくはずもないな、と。
(下図のようなことです^^)

 

この前何かの記事で、こんな言葉が。

『圧倒的な「質」か、「量」しか残らない』
『しかも、ほとんどの「質」は「量」に凌駕される。』

圧倒的な『質』は、ないので。
ですが『量』もない…。
うわぁ、最悪だ(笑)

質が低いとわかっているなら、とりあえずできることは『量』を増やすこと。
なんだ、と改めて知ったのでした。

あ~あ、やんなきゃ~~~~。

なので、来月の協会の名古屋定期勉強会に参加しようと思います。
考えたら、勉強会や大会の類いに私ひとりで参加するのって、初めてかもしれない。
こどもたちはお留守番なので、集中して勉強してこようと思います!

参加される皆さま、何卒よろしくお願いいたします!

日本似顔絵アーティスト協会、Facebookコンテストで描いたmikiさんです。

 

おしまい

23 3月

JGP2017での気づき~その1~


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

2月に開催された『JAPAN GRAND PRIX 2017』から早1カ月。
今大会で気づいたことを書こうと思いながら、忙しい毎日に流されて、すでに1カ月がたっていました。。。時間って、過ぎるのが早いですね(汗)

さて、今回運営として大会を俯瞰で見て、ちょっと気づいたことがありましたので、
備忘録として記しておこうと思います。

 

1.他のアーティスに相談してよい!

「当たり前でしょう!」って思う方もいると思いますが、なぜか勝手にNGだと思っていた私…。大会中に他にアーティストさんにアドバイスを求めようと思ったことなかったんです。かろうじて一緒に参加している夫に訊くも「そうやって描くと、私の絵じゃないしなぁ…」と思って、ほとんどアドバイスに従ってませんでしたw

でも今回周りを見渡すと、結構みんなアドバイスもらってるんですね!賞に入るような人も他のアーティストに「これ似てる?」とか訊いてるんです。びっくりしたΣ(゚Д゚) そうか、この大会も勉強のひとつなんだから、当然訊いてもいいんだよね~って改めて思ったのでした。

 

2.同じモデルを何度も描いてよい!

過去に描いたことのあるモデルさんは、なぜかなるべく描かないようにしていた私…。同じモデルさんをもう一度描く時、違うアプローチで描かないと意味ない気がしているのと、なぜか「まだ描いていない人を描かなきゃ~」と勝手に思ってたのですが、みんな何度も同じモデルさん描くんですね。しかも自分の壁に同じモデルさんの絵を複数枚飾ってる方もいたので、衝撃でした。面白いな~。自分の思い込みを壊してくれる、いい出会いでした。

 

も、なぜか自分で勝手にルールを作ってしまってたようで、それが取っ払うことができて、すごく気が楽になった気がします。今後参加するときは、少し肩の力を抜いてやれそうです^^

 

おしまい

 

 

08 2月

ギフトショー始まりました!


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

今日は東京ビッグサイトで開催される、ギフトショー初日でした!
初めての出展なので、ドキドキ。
といいながら、遅刻しましたが。。。

これ、ビッグサイトへ向かう道のり。
神々しすぎる。

「いよいよ、来たぞー!」って感じですね^^

前日に搬入だったので、朝の準備は小物系を並べるだけでした。
小物は先日ご紹介したバッジ以外に、新しく作った商品サンプルのマグカップ、タンブラーなどを並べます。

そして、田畑が作ったキャラクターの人形が初お目見え!
このコたちは通りがかりの人に評判よかったです。

以前作ったきのこの家と、前回の京都大会で生まれた「白いなにか」(人形制作:上羽京さん)も、一緒に連れていきました。全然違和感なく溶け込んでた(笑)

今日はいろんな方に興味を持ってもらい、嬉しかったです☆これが、お仕事につながっていったらいいなぁ~。そして明日もいろんなご縁があることを期待しています!…しかし、1日立っていたので、足が棒に…。あと2日もつかな~と少々心配ですが(笑)、元気ドリンクのんで、乗り切ろうと思います!

おしまい

07 2月

ギフトショーへ出展します★


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごゆうこです。

先日ギフトショーへ出展すると書いたのですが、「そもそもギフトショーって何なの?」と思われている方も多いかと思います。

ギフトショーというのは、40年に渡り開催されているパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市で、東京ビッグサイト全館を使用し、出展社数2,400社、来場者数20万人の規模で開催される、日本最大規模のトレードショー(商談見本市)です。毎年9月と2月に開催されています。商談の場なので、ここで直接商品の販売とかはしません^^

その中で「ARTIST VISION」というブースがあります。「ARTIST VISION」では、イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家、キャラクター・デザインなど出展アーティストが、来場 者・出展社と商品開発やライセンスビジネスなどの商談を行うためのブースです。今回、そこに出展することにしました。

個人でも法人でもグループでも可能なので、夫婦ユニット『タバタ画房』で出展!

しかし、どんなイラストをメインに展示するか、悩みますね。
ギフトショーに行ったことのある人はわかると思いますが、出展企業が多すぎて、あまりテーマがごちゃごちゃしていると、何を展示しているのかわからくて、来場者の足が止まらないんです。なので否が応でも、『自分たちはこういう絵を描いてます!こういう展開でビジネスしたいんです!』というのをわかりやすく伝えるためにビジュアル化しなきゃいけないわけですね。

どの仕事も好きなので、これ1本でいこう!と選ぶのはすごく難しい~。
でも、普段絶対やらないことなので、すごくいい機会だとも思っています!

そして、今回私たちがメインで飾るのは、こちらのキャラクター。
『Party in the Forest』という、LINEスタンプから生まれたクマのキャラです^^

このコで、商品サンプルを作りました★

一言で、言うと・・・ 「萌えてます!」!

自分で使いたいものを作る、をテーマにしているので、自分で作りながら「えっ、すごいかわいくない!?」とか「かわいすぎる!」とか連発! もう親バカ状態です(笑) 誰かの目にとまって、商品化できたらいいなぁ~と期待しています。しかも(今さら?)デザインフェスタとかクリマとかに出店したくなってしまっています^^楽しそうですよね♡

いやぁ、しかし、いろいろなグッズサンプルや販促物を作るにあたり、新規の印刷会社やグッズ制作会社へお願いすることにしたのですが、入稿の時期を完全に把握していなかったため、急ぎですごく高い印刷代になったり、いまだに手元に届いてなかったり…トラブル続出です。。。無念!この反省は次回に生かすことにします…。

とにかく明日の搬入も含めて4日間、頑張ります~!
もしギフトショーにお越しになる方いましたら、ぜひお寄りくださいね。

おしまい