23 3月

JGP2017での気づき~その2~


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

『JGP2017での気づき~その1~』

に引き続き、その2です。
これは私がmikiさんのセミナーのお手伝いをして気づいたこと。

 

アウトプットの量、
ハンパない!

 

mikiさんのセミナーをやるにあたり、facebookなどで作品を改めて観ていたのですが、クオリティはもちろんですが、作品数が膨大じゃないですか!? 個展作品からスケッチまで含めて、作品数のすごいこと。(いや、私が全然描いてないというのもあるのですが(汗))

打ち合わせのときに、

「なんでみんな、描かないんだろう?もっと気楽に描けばいいのに。」

というmikiさんの言葉、ずしーんと重くのしかかってきました、。
そうですね、もっと描いたほうがいいですよね・・・。

 

例えば、mikiさんに憧れて、あんな風に描けたらいいなぁと思っている人(自分?)がいるとして。自分のクオリティが低いから、mikiさんのように描けたらなぁと思っているのに、そのmikiさんより絵を描くのが少ないって、どう考えてもmikiさんに追いつくはずもないな、と。
(下図のようなことです^^)

 

この前何かの記事で、こんな言葉が。

『圧倒的な「質」か、「量」しか残らない』
『しかも、ほとんどの「質」は「量」に凌駕される。』

圧倒的な『質』は、ないので。
ですが『量』もない…。
うわぁ、最悪だ(笑)

質が低いとわかっているなら、とりあえずできることは『量』を増やすこと。
なんだ、と改めて知ったのでした。

あ~あ、やんなきゃ~~~~。

なので、来月の協会の名古屋定期勉強会に参加しようと思います。
考えたら、勉強会や大会の類いに私ひとりで参加するのって、初めてかもしれない。
こどもたちはお留守番なので、集中して勉強してこようと思います!

参加される皆さま、何卒よろしくお願いいたします!

日本似顔絵アーティスト協会、Facebookコンテストで描いたmikiさんです。

 

おしまい

23 3月

JGP2017での気づき~その1~


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

2月に開催された『JAPAN GRAND PRIX 2017』から早1カ月。
今大会で気づいたことを書こうと思いながら、忙しい毎日に流されて、すでに1カ月がたっていました。。。時間って、過ぎるのが早いですね(汗)

さて、今回運営として大会を俯瞰で見て、ちょっと気づいたことがありましたので、
備忘録として記しておこうと思います。

 

1.他のアーティスに相談してよい!

「当たり前でしょう!」って思う方もいると思いますが、なぜか勝手にNGだと思っていた私…。大会中に他にアーティストさんにアドバイスを求めようと思ったことなかったんです。かろうじて一緒に参加している夫に訊くも「そうやって描くと、私の絵じゃないしなぁ…」と思って、ほとんどアドバイスに従ってませんでしたw

でも今回周りを見渡すと、結構みんなアドバイスもらってるんですね!賞に入るような人も他のアーティストに「これ似てる?」とか訊いてるんです。びっくりしたΣ(゚Д゚) そうか、この大会も勉強のひとつなんだから、当然訊いてもいいんだよね~って改めて思ったのでした。

 

2.同じモデルを何度も描いてよい!

過去に描いたことのあるモデルさんは、なぜかなるべく描かないようにしていた私…。同じモデルさんをもう一度描く時、違うアプローチで描かないと意味ない気がしているのと、なぜか「まだ描いていない人を描かなきゃ~」と勝手に思ってたのですが、みんな何度も同じモデルさん描くんですね。しかも自分の壁に同じモデルさんの絵を複数枚飾ってる方もいたので、衝撃でした。面白いな~。自分の思い込みを壊してくれる、いい出会いでした。

 

も、なぜか自分で勝手にルールを作ってしまってたようで、それが取っ払うことができて、すごく気が楽になった気がします。今後参加するときは、少し肩の力を抜いてやれそうです^^

 

おしまい

 

 

08 2月

ギフトショー始まりました!


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

今日は東京ビッグサイトで開催される、ギフトショー初日でした!
初めての出展なので、ドキドキ。
といいながら、遅刻しましたが。。。

これ、ビッグサイトへ向かう道のり。
神々しすぎる。

「いよいよ、来たぞー!」って感じですね^^

前日に搬入だったので、朝の準備は小物系を並べるだけでした。
小物は先日ご紹介したバッジ以外に、新しく作った商品サンプルのマグカップ、タンブラーなどを並べます。

そして、田畑が作ったキャラクターの人形が初お目見え!
このコたちは通りがかりの人に評判よかったです。

以前作ったきのこの家と、前回の京都大会で生まれた「白いなにか」(人形制作:上羽京さん)も、一緒に連れていきました。全然違和感なく溶け込んでた(笑)

今日はいろんな方に興味を持ってもらい、嬉しかったです☆これが、お仕事につながっていったらいいなぁ~。そして明日もいろんなご縁があることを期待しています!…しかし、1日立っていたので、足が棒に…。あと2日もつかな~と少々心配ですが(笑)、元気ドリンクのんで、乗り切ろうと思います!

おしまい

07 2月

ギフトショーへ出展します★


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごゆうこです。

先日ギフトショーへ出展すると書いたのですが、「そもそもギフトショーって何なの?」と思われている方も多いかと思います。

ギフトショーというのは、40年に渡り開催されているパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市で、東京ビッグサイト全館を使用し、出展社数2,400社、来場者数20万人の規模で開催される、日本最大規模のトレードショー(商談見本市)です。毎年9月と2月に開催されています。商談の場なので、ここで直接商品の販売とかはしません^^

その中で「ARTIST VISION」というブースがあります。「ARTIST VISION」では、イラストレーター、グラフィックデザイナー、絵本作家、キャラクター・デザインなど出展アーティストが、来場 者・出展社と商品開発やライセンスビジネスなどの商談を行うためのブースです。今回、そこに出展することにしました。

個人でも法人でもグループでも可能なので、夫婦ユニット『タバタ画房』で出展!

しかし、どんなイラストをメインに展示するか、悩みますね。
ギフトショーに行ったことのある人はわかると思いますが、出展企業が多すぎて、あまりテーマがごちゃごちゃしていると、何を展示しているのかわからくて、来場者の足が止まらないんです。なので否が応でも、『自分たちはこういう絵を描いてます!こういう展開でビジネスしたいんです!』というのをわかりやすく伝えるためにビジュアル化しなきゃいけないわけですね。

どの仕事も好きなので、これ1本でいこう!と選ぶのはすごく難しい~。
でも、普段絶対やらないことなので、すごくいい機会だとも思っています!

そして、今回私たちがメインで飾るのは、こちらのキャラクター。
『Party in the Forest』という、LINEスタンプから生まれたクマのキャラです^^

このコで、商品サンプルを作りました★

一言で、言うと・・・ 「萌えてます!」!

自分で使いたいものを作る、をテーマにしているので、自分で作りながら「えっ、すごいかわいくない!?」とか「かわいすぎる!」とか連発! もう親バカ状態です(笑) 誰かの目にとまって、商品化できたらいいなぁ~と期待しています。しかも(今さら?)デザインフェスタとかクリマとかに出店したくなってしまっています^^楽しそうですよね♡

いやぁ、しかし、いろいろなグッズサンプルや販促物を作るにあたり、新規の印刷会社やグッズ制作会社へお願いすることにしたのですが、入稿の時期を完全に把握していなかったため、急ぎですごく高い印刷代になったり、いまだに手元に届いてなかったり…トラブル続出です。。。無念!この反省は次回に生かすことにします…。

とにかく明日の搬入も含めて4日間、頑張ります~!
もしギフトショーにお越しになる方いましたら、ぜひお寄りくださいね。

おしまい

22 1月

日本大会に運営スタッフとして参加します。


こんにちは、似顔絵師のぜんごです。

来月2月に、京都でNPO法人日本似顔絵アーティスト協会主催の似顔絵大会『JAPAN GRAND PRIX 2017』が開催されます! 今回も家族総出で子供たちを連れて参加するわけですが、私はアーティストではなく運営スタッフとして、この度参加することになりました。
(ちなみに夫の田畑も運営スタッフでの参加となります。)

 

私が運営スタッフになったワケ

(興味ないかもしれませんが、どうぞ!w)

1.運営に協力したい

いままで日本大会・世界大会含めて、私はアーティストとして参加してきました。どの大会も運営しているのは、専門の業者ではなく、私と同じアーティストの皆さんなんですよね~。自分たちの時間(時には私財)を割いて、同業者のことを考え、業界をより発展させようと頑張っている。そういう方々がいたおかげで、今まで楽しく大会に出場できていたのです。今回は恩返しというか、少しでも協力できたらいいなと思い、運営スタッフでの参加を決めました。

2.運営の視点から大会を見たい

大会をアーティストの視点でしか見たことがないので、裏方の運営の方がどんなことをやっているのか、どんな点が大変なのか、いろいろ知りたいと思いました。昔から、文化祭実行委員とか好きだったんで、たぶん私向いているんじゃないかな~?と勝手に思っています^^

3.イベント運営の経験ができる

ちょっと2.と被りますが…いざ自分でイベントをやろうと企画しても、実際にやったことがないとなかなかノウハウがわからないですよね。いったい何から始めればいいんだ~みたいな状態になっちゃう。今回の運営スタッフの一員になることで、自分の経験値を増やせるといいなと期待しています。先日打ち合わせをしてきましたが、前回スタッフでもあるカリカチュアジャパン株式会社の坂下さん・岡部さんとお話させていただき、スケジュールや当日の進行表・役割配分などの話を聞くだけで、すでに勉強になってます!

—–

夫が理事というのもあって、情報が入って来やすいのですが・・・、運営の皆さんの話を聞いていると、理事たちって、本当にこの業界をより発展させたい、似顔絵アーティストのみんなの技術を少しでも伸ばせるようにきっかけを作りたいと思っている人たちなんだな~といつも感心しています。
だからこそお手伝いしたいと思ったのです。自分たちのことしか考えていないようなメンバーだったら、絶対協力してないですw 理事たちから、なかなか直接伝わりにくいこともあるかと思いますが(^^;)協会運営の根幹となるこの部分は揺るぎないので、会員の皆さんにも安心して参加してもらいたいな、と思います。

 

大会出場に迷っている方へ

そんな協会が、満を持して開催する日本の似顔絵大会『JAPAN GRAND PRIX 2017』!!ぜひ、多くの似顔絵アーティストの皆さんに、ご参加いただきたいと思っています。 自分の描きたい似顔絵だけにフォーカスできる時間は本当に貴重です。
まだ迷っている方へ、、、迷ってる理由はこんな感じでしょうか?

・緊張する~!
→特に初めてだと、そうですね。みんな似顔絵を描いている人の集まりなので、すぐに打ち解けると思います。万が一の時は、受付に私がいますので、緊張をほぐせるように努めます!お任せください^^

・うまくなってから出場しよう
→私がうまいなーと思っているアーティストの方たちも「もっとうまくなりたい!」と言っている人がたくさんいるので、「自分、十分うまくなった!」→「大会出よう!」というときは永遠にやってこないのかなと思っています。出るタイミングは今かと。田畑曰く「うまくなってから大会に出るんじゃない、大会に出るからうまくなるんだ!」だそうです。

・絵に順位を付けられるのがイヤ
→私個人的にめちゃ同意ですが、それだけではないというのが参加すればわかります。

・参加費が高い
→それ以上のリターンが必ずあります☆

・知り合いがいないので参加しづらい・・
→一度会場に入って話せば、すぐに知り合いになれます。むしろコミュニティーが広がるほうにご期待ください!

・こどもがいるので、参加が難しい
→今回「キッズルーム」が用意されます。心置きなく、お子様連れていらしてください。
うちの子も、新しいお友達できるかも!と今から楽しみにしてます。

・・・と、不安要素を書き連ねてみましたが、、どうでしょうか?ちょっと、参加してみようかな?という気になってくれたら嬉しいです。私も微力ながら、皆さんが参加しやすいように頑張りたいと思います。

そして、早割時期が迫っております!
本日1月22日(日)まで、16200円(税込)です。
(それ以降は19440円(税込)。)

あと6時間を切っています!!!
今このままリンクをたどって、お申し込みを~!!!

NPO法人 日本似顔絵アーティスト協会 のサイトはこちら

会場でお会いできるのを、心待ちにしています!

 

おしまい