13 9月

【Netflix】ステキな金縛り


こんにちは、似顔絵師&イラストレーターのぜんごです。

今日ご紹介するのは、2011年に実写日本映画ナンバー1の大ヒットになった、三谷幸喜監督の作品。

「ステキな金縛り」

個人的な話ですが、2011年は娘を出産した年なので、映画館を観に行くような余裕は全くなく「面白そう~観たいなぁ~」と思いながら、見逃していた作品でした。Amazonプライムビデオの対象の作品ではないので、あきらめてましたが、netflixにあった!!

まだ観ていない方のために、ストーリーはこんな感じです。

妻殺しの容疑で逮捕された矢部 五郎の弁護を担当する宝生エミは、将来性ゼロの三流弁護士。勝てる見込みのない裁判に矢部は「旅館で金縛りにあった」とアリバイを証言し無罪を主張する。矢部が泊まった旅館に赴いたエミは、矢部に金縛りをかけたという落ち武者・更科六兵衛を法廷につれて、矢部の無罪を証言してもらうことに。しかし、対する検事・小佐野徹はオカルトを真っ向から否定して、六兵衛の証言は法的に無効であると主張する。

(wikipediaより引用)

三谷幸喜監督の作品は、本当にセリフが多いですね!役者さんによっては、しゃべらされている感がある方もいますが…この作品ではベテランの役者さん揃いで、そんなのも気にならないくらいのめりこんで観てしまいます。深津絵里さんはかわいいし、西田敏行さんは面白いし、しかも「え!?この人が!?」っていう有名な役者さんがちょい役で出ているのもすごく意外でびっくりです!

そろそろ夏も終わりそうですが、、、まだまだ暑い日が続いています。
ぜひ幽霊映画で涼んでみてはいかがでしょうか?
(内容的に全然涼めないけどね!)

 

おしまい

(Visited 21 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です